ファイナンシャルプランナーになる 2級FP技能士無料ポイント講座



2級FP技能士無料ポイント講座〜所得税〜 目次へ戻る


ファイナンシャルプランナーになる 2級FP技能士無料ポイント講座

第13回  社会保険料控除とは?医療費控除とは?




社会保険料控除とは、納税者自身の支払った社会保険料や納税者と生計を一にする配偶者やその他親族の負担すべき社会保険料を支払った場合に受けることのできる所得控除です。


こういう名前から内容がわかるようなものは、2級FP技能士試験では、どのように出題されるか前にお話しましたよね?普通は気にしていない部分です。


たとえば、過去に未納であった国民年金等をまとめて支払った場合は、全額支払った年の社会保険料控除の対象となります。

ファイナンシャルプランナーになる 2級FP技能士無料ポイント講座
1年のうちに支払った社会保険料が社会保険料控除の対象
となるからです。逆に支払いが翌年となった場合は、翌年の社会保険料控除の対象となるのです。


また、社会保険料控除の対象となる社会保険料とは、健康保険料・国民健康保険料・厚生年金保険料・国民年金保険料等ですが、
確定拠出年金個人型の掛け金については、小規模企業共済等掛金控除の対象となり、社会保険料控除の対象ではありません。ひっかけ問題でよく出題されますから覚えておいて下さい。


次に
医療費控除について説明します。


医療費控除とは、自分または
生計を一にするその他親族のために一定金額の医療費を支払った場合には、一定の所得控除(最高200万円まで)をうけることができるものです。


医療費控除を受けるためには
サラリーマンであっても確定申告が必要となります。よく年末調整で・・・とかいって出題されますが、真っ赤なうそですから、軽くあしらっておきましょう。


また、控除の対象となる医療費は
1月1日から12月31日まで支払ったものであることが要件になります。


社会保険料控除と同じパターンですね。治療をうけたのが・・・ではありません。ここもひっかけ問題でよく出題されるポイントです。


さらに、医療費控除については、計算問題として出題されることもよくあります。

医療費控除
医療費−医療費を補填する保険金等−(総所得金額の5%または10万円のいずれか少ないほう




の計算式で控除額が算出されますが、
医療費控除の対象に「なる医療費」・「ならない医療費」の判別2級FP技能士試験のポイントになります。テキストや問題集を活用してよく練習しておいてくださいね。



                                         







本ページには、FP技能士受験生が良い結果を得られるように、無料FP技能士ポイント講座をはじめとする様々な無料コンテンツが含まれています。受験生の方が、これらの無料コンテンツを利用してFP技能士試験の学習をしていただくことは、もちろんかまいませんが、無断転載、無断複製等については、かたくお断りいたします。

            Copyright(c)2007年−2017年 1級ファイナンシャルプランニング技能士 星野直輝 All Rights Reserved