ファイナンシャルプランナーになる 2級FP技能士無料ポイント講座



2級FP技能士無料ポイント講座〜所得税〜 目次へ戻る


ファイナンシャルプランナーになる 2級FP技能士無料ポイント講座

第11回 配偶者控除と配偶者特別控除の違い




では、配偶者控除配偶者特別控除について説明していきます。どちらの所得控除も、配偶者がいる場合に受けられる所得控除です。ただし、この2つの配偶者用の所得控除は、
ファイナンシャルプランナーになる 2級FP技能士無料ポイント講座


2つ同時には受けることはできません





配偶者控除の適用要件は、「配偶者の年間合計所得金額が38万円以下であること」となっており、


配偶者特別控除の適用要件は、「配偶者の合計所得金額が38万円超76万円未満であること」


となっていますから、同時に受けられない理由として関連付けて覚えておきましょう。


配偶者控除の控除額は、控除対象配偶者の年齢が70歳未満である場合は、控除額は38万円となっていますが、配偶者特別控除の控除額は、配偶者の所得に応じて控除額が徐々に少なくなる仕組み2級FP技能士試験では控除額の表を覚える必要はありません。)になっており、配偶者の所得金額が76万円以上となると配偶者特別控除の適用がなくなります。


以上の話をまとめると、配偶者の
合計所得金額が38万円以下である場合は、配偶者控除として38万円の所得控除が適用され、配偶者の所得金額が38万円超76万円未満である場合は、配偶者の所得金額に応じて配偶者特別控除が受けられるということになりますね。この配偶者控除、配偶者特別控除についてはもっと深い知識が問われることもあります。適用要件等についても、テキストなどで、試験前に見直しておくようにしましょう。



                                        







本ページには、FP技能士受験生が良い結果を得られるように、無料FP技能士ポイント講座をはじめとする様々な無料コンテンツが含まれています。受験生の方が、これらの無料コンテンツを利用してFP技能士試験の学習をしていただくことは、もちろんかまいませんが、無断転載、無断複製等については、かたくお断りいたします。

            Copyright(c)2007年−2017年 1級ファイナンシャルプランニング技能士 星野直輝 All Rights Reserved